リスティング広告とポスティング広告の違いって? | アメージングデザイン[東京]

アメージングデザインのお見積り・ご相談

スタッフブログ

スタッフブログ

2016/12/08

リスティング広告とポスティング広告の違いって?

こんばんは
デザイナーのカワイです。

そこら中に溢れかえる広告
みなさんの会社は広告出していますか?

・webサイトをみていると必ずと言ってもいいほど目にするリスティング広告
・郵便物と一緒にポストに入っているポスティング広告

今日はこの2つの広告についてです。

 
リスティング広告とは?
リスティング広告とは、ユーザーがYahoo!やGoogleなどの検索エンジンでキーワードで検索した時に、
その検索キーワードに連動して表示される広告のことです。

過去のweb広告は、広告枠にバナーをお金をだして掲載してもらうやり方がありましたが
リスティング広告では、ユーザーが広告をクリックするたびに課金されるシステムになっています。

<メリット>
・価格を自由に設定できる(予算を決めることができる)
・低価格から始めることができる
・途中で表示させる、させない、も自由に設定できる
・どのぐらいの人が広告をクリックしたかがわかる

 
ポスティング広告とは?
チラシ・冊子・カタログ・パンフレットなどご家庭や事業所などに配布する広告のことです。

<メリット>
・配布先のターゲットを絞ることができる
・好きなエリアに配付することができる
・ポストに入れるので必ず手にとってもらえる
・厚さある小冊子やポスター、試供品も配付ができる

 
 
結局どちらがいいの?
webに強い企業やwebサイトからのお問い合わせなどに力を入れている企業はリスティング広告の方が親和性が高く、
地域密着であったり、店舗経営をしている会社はポスティングの方が有効です。

具体的な目標を立てるとどんな広告を出せばいいかわかります!
どのぐらいの予算で、どんなお客さんがどのぐらいほしいのか、
どうやってお問い合わせはするのか、お客さん一人あたりの顧客単価はどのぐらいなのかなど
考えることはたくさんあります。

そのほうがより効果のある広告を出すことができるからです。

まずはご相談ください!

リスティング広告 ポスティング広告