| アメージングデザイン[東京]

アメージングデザインのお見積り・ご相談

お客様の声

お客様の声

アメージングデザインのチラシ/フライヤー(東京のデザイン事務所)

「ありがとう」と言われる仕事を日々目指しております。
そんなお客様より生の声をいただきました。

アメージングデザインのチラシ/フライヤー(東京のデザイン事務所)

ウェブ制作から販促のご相談まで、弊社はお客様ひとちひとりと真剣に施策を考えております。
結果的にトータル的な販促活動に関わらせていただくことが多いのが特徴です。

アメージングデザインのお客様の声

自社を客観視することの大切さを意識するようになりました。

ヴィゴラスビズ株式会社 [ご担当者:河野様]

Q. ご依頼前はどんなことでお困りでしたか?

会社設立時、これまでのネットワークにおいて顧客も紹介をいただき、そのまた紹介という形で仕事も受注できていたことから、ホームページの重要性や必要性をあまり感じていませんでした。表向きに、会社概要だけわかればよいのではないかと、私のお手製の「素人ホームページ」をアップしただけでした(苦笑)。また、紙媒体の会社案内は、パワーポイントの資料以外作成しないと決めていました。すぐに、廃品回収行きになりますから(笑)。
しかし、2年前、新たな分野の仕事を始めたことを機に、当時のホームページのままではマズいと思うようになりました。これまでのように既存のネットワークとは違い、弊社のことを全く知らない人たちに知っていただく必要性が出てきたからです。依頼前に困っていたことは、「あのホームページを見られてる」という恥ずかしさと、「なんとかしなければ」という焦りを覚えたことです(笑)。
弊社のホームページ作成に関しては困ることはありませんでした。というのも、すべてアメージングデザインさんにお任せしようと思っていたからです。そもそも、私はデザインが苦手で専門外です。どんなことでも、素人が中途半端に知ったかぶりをしてやると必ず失敗します。ですから、私は自分が苦手なことや専門外のことは、その道のプロに力を借りる、お任せることにしています。アメージングデザインの塚本ユージ社長とは、3年前に共通の知人(経営者で、私の飲み友達)に紹介していただき、定期的にいろいろな企画の話をする機会もあったので、迷わず依頼させていただきました。

Q. アメージングデザインと付き合い、どのような変化が出ましたか?

今回、弊社のホームページ作成で、アメージングデザインさんにリクエストしたことは5つありました。①コーポレートカラー(オレンジとネイビー)を基調に、②シンプルで、③わかりやすく、④伝えるのではなく伝わるホームページにしたい。そして、⑤作成プロセスにおいて、遠慮なくアドバイスしてほしい。とくに、「コンサル」という言葉を極力使わず、サービス事業の概要を説明したかったので、イラストや表現など、客観的なアドバイスをいただけました。日本では、「コンサル」という言葉にネガティブな印象がありますので(笑)。
ホームページ作成前と後では、だいぶ変わりました。塚本社長に「河野さん、ブログ等のSNSをつかって情報発信してみたらどうですか」とアドバイスをいただきました。これまで、やらなかったブログに加え、Facebook、Twitter、Instagramまで始めました(笑)。ブログは週1で更新することを自分に課しています。その成果もあって、今夏、弊社のホームページのアクセス数は10,000アクセスを超えました!ホームページのリニューアルを通じて、常に見られていること、常に自社を客観視することの大切さを強く意識するようになりました。ホームページはリニューアルしましたが、今後、SNS等でどう伝わるホームページを自らデザインしていくかが日課であり、楽しみになっています。

webサイト、SEO

お客様の声背景