今さら聞けない紙の種類について | アメージングデザイン[東京]

アメージングデザインのお見積り・ご相談

スタッフブログ

スタッフブログ

2016/04/07

今さら聞けない紙の種類について

こんにちは!
デザイナーのカワイです
 
印刷物を作成する際に、気軽に自宅のプリンターで印刷ができたり出来るようになりました。
ペラペラのコピー用紙ではなく、ちょっと良い紙に印刷したいということもあるかと思います。
 
ですが、電気屋さんなんかで紙の売り場に行っても、種類は豊富・・・
どの紙を選んで良いか分からないよ、ということありませんか?
 
今日はそんな印刷用紙についてです!
 
8a900b9e5863927e84c285874778511e_s
 
用紙が違えば、インクの乗り具合や反射率もかわるわけで
同じデータで印刷しても色合いなど違った見え方がします。
デザインのイメージにあった紙の種類を選ぶことが大切です!
 
紙の種類は一番馴染みのある一般的な用紙は
「上質紙」「コート紙」「マットコート紙」の3種類
 
「上質紙」
一般的なコピー用紙のことです
一番多く触れる機会が多い紙かと思います
薄い紙はチラシにつかわれたり、厚みのあるものはハガキとして利用されます
 
「コート紙」
光沢のある紙です。
発色がよく、色鮮やかな仕上がりになります。
カラーの印刷物を制作する場合は、この紙をオススメしています!
チラシやパンフレット、ポスターでは一番一般的な用紙です。
 
「マットコート紙」
簡単に説明すると、上質よりはツヤがあり、コート紙よりはツヤのない紙です
チラシやポスターなどで使われる他に、名刺として利用する方も多いです。
 
写真を多くつかっているチラシの場合、きれいに見せたいので
光沢のない上質紙よりはコート紙をおすすめします
紙に字をかく必要があるときや、スタンプカードとして利用する場合は
光沢があるとインクがのらないため、上質紙やマットコートがおすすめです
 
今回は一般的な3つをご紹介しましたが
紙の種類は他にもたっーーーくさんあります!
 
用紙のサンプルもご用意しておりますので、
ご来社いただければいくつかサンプルをご覧いただけます。
お気軽にお立ち寄りください!