第2回【マーケティング講座】 | アメージングデザイン[東京]

アメージングデザインのお見積り・ご相談

スタッフブログ

スタッフブログ

2019/08/13

第2回【マーケティング講座】

こんにちは!
デザイナーの大石です。

先週はDVDを借りて映画を3本も見ました。
「ファンタスティック・ビースト 黒き魔法使いの誕生」
「運び屋」
「メグ・ザ・モンスター」

どれも面白かったのですが、
そんな中気になる第1位は…メグです。

さて、第2回目となる今回のテーマは・・・

『STPについて』

前回までの3C分析は、マーケティングにおける”環境分析”でしたが、
今回学んでいくSTPは、マーケティングにおける”基本戦略”になります。
現状を分析したあとに、どういった戦略を立てるのかを学んでいきましょう。

1.セグメンテーション

セグメンテーションは、市場を細分化して分析することをいいます。
細分化した中のどこに自社が属するのかを把握します。

2.ターゲティング

セグメントで現在自社のいる領域がわかったら、
より具体的な相手を想定したターゲティングを行ないます。

「女性向け」とするよりも、「30代のOL向け」とする方が、
よりターゲットのお客様に響きやすくなります。

3.ポジショニング

セグメントとターゲットの設定ができたら、ポジショニングという段階に入ります。

ポジショニングは、競合と自社の持ついくつかの指標を見比べて、
狙い目となる市場やお客様を見つけて自社の立ち位置を定めます。

4.STPの活用例

今回の舞台はケーキ屋さんです。
人口や年齢層も平均的な地域にお店を構えています。

画面1

このケーキ屋さんは、使用している果物や牛乳は直接農家さんや酪農家の方から仕入れているので、
ほかのケーキ屋さんに比べて比較的手頃なお値段でケーキを提供できます。

そこで、手の届きやすいお値段や生産者の方の顔が見える、という強みをうりにして、
「40代主婦の方」をターゲットにしました。
子育ても落ち着き自分の時間が持てるようになることや、
健康志向に注目してこのターゲットを設定しました。

ターゲットの方に、よりケーキを楽しんでもらえるように、
店内に飲食スペースを設けました。
しかしこれだけでは、他のケーキ屋さんでも行っている取り組みかもしれません。
なので、よりターゲットの方に寄り添ったサービスとして、
「農家直送野菜使用の野菜ケーキ」を新商品として発売開始しました。

このケーキが主婦の方の健康志向に見事にはまり、
その旦那さん、野菜嫌いのお子さんにまで商品の魅力は広がりました。

画面2

このケーキ屋さんはSTP分析によって、
大きな成果を挙げることができました。

アメージングデザインでは、
このようなSTP分析のノウハウを
チラシやホームページ制作にも活用して行きます。

それでは
次回もおたのしみに!

アメージングデザインのお問い合わせフォーム
ホームページ制作はアメージングデザインはお任せください