第5回【Googleアナリティクス講座】 | アメージングデザイン[東京]

アメージングデザインのお見積り・ご相談

スタッフブログ

スタッフブログ

2019/06/18

第5回【Googleアナリティクス講座】

こんにちは!
デザイナーの大石です。

7月にはトイ・ストーリーが公開され、
冬にはアナと雪の女王2も公開されますね。

みなさん必ず劇場へ脚を運びましょう!

さて、今回で第5回目となる、
Googleアナリティクス講座のテーマは・・・

『コンバージョンについて』

自分のサイトにゴールを設定することで、
より具体的なデータを得ることができるようになります!

1,コンバージョンとは

アナリティクスのデータを分析していけば、ユーザーについて知ることはできます。
しかし、ユーザーが期待する行動をとってくれたかどうかはわかりません。

なぜなら、

どんな行動を取ってほしいかは、サイトによって異なる

からです。

メールマガジン登録をゴールとする場合や、
商品の購入をゴールとする場合、
ファイルのダウンロードなど、人によって様々です。

そんなときに、自分でゴールとなるページを設定できる機能が、
「コンバージョン」なのです。

2,ゴールを設定

まず「コンバージョン」の設定を行いましょう。

1.左下の管理(歯車マーク)をクリックします。
画面1

2.一番右のビュー列の目標をクリックします。
画面2

3.「+新しい目標」をクリックします。
画面3

これでひとまず目標の作成準備は完了です。
次にどういった目標なのかを具体的に設定していきます。

3.テンプレートかカスタムを選択します。

テンプレートには一般的に使用されるコンバージョンが多くあるので、
その中からあったものを選択します。
それ以外の場合にはカスタムを選択しましょう。
画面4

4.目標の名前を入力。

目標とするページの名前を入力し、
それにあったタイプ選択しましょう。
画面5

5.目標の詳細を入力。

「4」で設定したタイプに応じた目標を決定しましょう。
画面6

保存をクリックすれば、設定は完了です!

3,確認してみよう

目標を設定したら、実際に画面を見てみましょう。

左の「コンバージョン」メニュー欄には、
目標、eコマース、マルチチャネル、アトリビューション
が表示されると思います。

目標

予め設定した目標の達成度合いを確認できます。

eコマース

コンバージョンによって得られた収益の情報を確認できます。

マルチチャネル

どのように流入してきたユーザーがコンバージョンに繋がったのかをわかりやすく見ることができます。

アトリビューション

直接コンバージョンへつながったページだけでなく、コンバージョンへ至った経路を解析することができます。

それぞれの役割はこのように分かれており、
まずは「目標」から閲覧していき、それから他のメニューへと
進んでいくのが良いでしょう。

4,活用

コンバージョンとは、そのサイトのゴールへ、
どれだけの人がたどり着いたかを示すものです。

なので、このコンバージョン率を増加させることを、一つの大きな目標として
掲げることも良いと思います。

お問い合わせフォームまで来ているのに、実際に送信にはいたらなかったり、

何度もサイトに訪れてくれているのに、コンバージョンしていなかったり、

そういったユーザーへ、的確な対応をしてコンバージョンを増加させ、
さらに分析、改善を繰り返してより良いサイトを目指していきましょう。

次回は、モバイル別の分析を、もっと詳しく解説していきます。
おたのしみに!

アメージングデザインのお問い合わせフォーム
ホームページ制作はアメージングデザインはお任せください