洗濯表示が新しいなる?! | アメージングデザイン[東京]

アメージングデザインのお見積り・ご相談

スタッフブログ

スタッフブログ

2016/11/14

洗濯表示が新しいなる?!

11月に入り、どっと寒さが増してきましたが
ニットとか洗濯するときに
少しデリケートなお洋服を着る機会が増えるかと思います。

そんなときに見るのが服のタグに記載されている
「洗濯表示」

なんと12月1日で大幅な変更がされるのです!
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-20-12-01
※経済産業省WEBサイト参照
http://www.meti.go.jp/main/60sec/2016/20160804001.html

いままでの表示よりもだいぶシンプルになったかと思います。

シンプルすぎて…ちょっと分かりにくい…?
慣れていないのもあると思いますが
なかなかマークを見ただけだと予測のできない表示ですね。

消費者省のWEBサイトに
「新しい洗濯表示のポイント」という
資料がありました!
資料はこちら>>

基本の記号が5つ。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-20-01-22%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

それに対して、強さの表示(線)や記号などで
それぞれの意味をもたせているそうです。

なぜ、表示を変更したかというと
まず今回の表記は国際規格に合わせたもの、というところです。

こうすることで、例えば海外で購入した服に記載されている
表示にも円滑に取り扱いが出来るようになると考えられます。
そうすることで、一般消費者の利便性の向上が
期待できる、ということでした
(環境省WEBサイトより)

ちなみに、マークで表せない表示、
例えば、「洗濯ネット使用」や「裏返して洗う」、
「あて布使用」などは
言葉で書いて表示させるそうです。

マークとはいえ、こういったものも
「デザイン」のひとつです。
なるべく多くの人に分かるように、伝わるように、という
デザイナーと関わる人たちの
様々の協議を経て、このデザインになったかと思うと
少しその過程を覗いてみたくなりますね…!
(デザイナーの私だけ?!)

なかなか最初は慣れるのが難しいかもしれませんが、
ポイントを抑えつつ、慣れていきましょう。

今日の実績紹介。
栃木県で開催されたヨガイベントのパンフレットを
制作させていただきました。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%811-01