第4回【Googleアナリティクス講座】 | アメージングデザイン[東京]

アメージングデザインのお見積り・ご相談

スタッフブログ

スタッフブログ

2019/06/11

第4回【Googleアナリティクス講座】

こんにちは!
デザイナーの大石です。

梅雨も始まり、ジメジメした時期が続きますが、
頑張ってはねのけて行きましょう!

さて、今回で第4回目となる、
Googleアナリティクス講座のテーマは・・・

『データの活用法について』

前回学んだデータの確認方法から、
そのデータをどう活用することができるのかを学んでいきます。

1,ユーザーを分析

前回紹介した、ユーザーレポートの中の
「年齢」「性別」についてです。

画面1

「年齢」「性別」の指標は、
ターゲットとしているユーザーが明確な場合に、特に効果を発揮します。
本当にターゲットがサイトを訪問しているのか、
他の年齢層と差別化できているのか、

もし、ターゲットとなるユーザーを設定していない場合でも、

自分たちが想定していなかった層からの支持がある

といった発見があるかもしれません。

そこから、ターゲットへの情報提供が不十分であったり、
新たにターゲティングを行なうきっかけとなったりするのです。

2,集客を分析

集客レポート内の「検索クエリ」では、
どういった言葉で検索されていてるのか、確認することができます。

画面2

サイトで設定しているキーワードの順位が低い場合はより効果の高い
キーワードへ修正したり、
比較的高い順位を示していてもクリック率が低い場合、
ページのタイトルや概要が、適切でないと判断することができます。

3,行動を分析

画面3

行動レポート内の「すべてのページ」では、
どのページがよく見られているか確認することができ、
今後どのページに力を注いで行くべきかを決めるための指標になります。

次回は、コンバージョンについて、活用法まで解説していきます。
おたのしみに!

アメージングデザインのお問い合わせフォーム
ホームページ制作はアメージングデザインはお任せください