Instagramでのマーケティング | ホームページ・チラシ・パンフレット制作はアメージングデザイン

アメージングデザインのweb会議
デザイン会社アメージングデザインのお見積り・ご相談

スタッフブログ

スタッフブログ

2020/04/16

Instagram(インスタグラム)でのマーケティング

こんにちはデザイナーの大石です。
今回はInstagram(インスタグラム)でのマーケティングについて紹介します!

TwitterをはじめとするSNSを使用したマーケティングは多くの企業で取り組まれています。
その中でもこれから特に注目したいのが、インスタグラムマーケティングです。

Instagramのマーケティングについて

インスタグラムに注目する理由

インスタグラムは、利用者総数が全世界で10億人を突破し、日本でのユーザー数は3,300万を突破しました。利用者数は約4年半で4倍以上に増加しています。

若い女性がターゲット

「F1層」と呼ばれる、20〜34歳の若い女性を中心に、
多くの一般ユーザーがインスタグラムを利用しています。
この流れに乗り遅れまいと、自社のブランディングや商品の認知拡大を目的として、
多くの企業がインスタグラムでのマーケティングをはじめています。
今では、1万を超える日本企業がアカウントを取得し運用を行なっています。

アパレル・コスメ・食品・ECサイトにおすすめ

インスタグラムは、写真や動画がメインのコンテンツなので、
フォトジェニック(写真写りが良い、写真向き)なコンテンツが主になります。

また、女性のユーザーが多いため「綺麗・かわいい・美味しそう・楽しい・面白い・憧れる」
など感情に直接伝わりやすい情報や商品が適しています。

インスタグラムを活用したキャンペーン

認知度を上げる目的の一つとして「キャンペーンの活用」があります。

興味関心のあるユーザーとの交流をもつため、
多くの企業が積極的に取り入れています。
企業のブランドイメージや商品に合わせて様々なキャンペーンが開催されています。

#ハッシュタグを利用して投稿しよう

インスタグラムの機能の一つに#ハッシュタグ(投稿した写真の検索用のキーワードとなり、
フォローしている人の投稿以外の情報を探すことが出来る)という機能があります。

企業側からの投稿の際に#ハッシュタグをつけるのはもちろん、
商品を購入していただいたユーザーにも、共通の#ハッシュタグをつけて投稿してもらうことで、
ユーザーの投稿の情報の収集や管理なども行いやすくなります。

例として、某家具メーカーがインスタグラムで行ったキャンペーンで、
「#バルコニスト」というハッシュタグを入れて、自慢のバルコニーの写真をユーザーに
投稿してもらい、その中から「ベスト・バルコニスト」を選出するというキャンペーンが行われました。

入賞者には、プレゼントも配布されるので、ユーザーからユーザーへつながり、
多くの方にキャンペーンに参加してもらえるようになっています。

ぜひ皆さんも、インスタグラムの特製を理解して、
マーケティングに活用していきましょう!

アメージングデザインのお問い合わせフォーム
ホームページ制作はアメージングデザインはお任せください