Illusion in the visual 2 !! | アメージングデザイン[東京]

アメージングデザインのお見積り・ご相談

スタッフブログ

スタッフブログ

2016/03/25

Illusion in the visual 2 !!

みなさんコンニチハ
カワゴエです。
 
それではまず、前回の答え合わせを〜
 
「中央の■と同じ高さの●はどっち?」という問題
1-2
「中央の■と同じ高さの●」は右側でした〜!
 
●の方が■と比べて面積が小さくなるので、どうしても高さが小さく感じちゃうんですね。
僕なんて何度見ても左の方が■と同じ高さに感じます!と言うか左が正解で良いんじゃないの?
って感じです。
 
 
続いては
「正方形はどっち?」という問題
2-2
「正方形」は左でした〜!
 
人間の目は、完全に縦横比が同じモノより、少し潰れてるモノの方が安定して見えるんですね。
なので、本当の正方形の左の方は、少し縦長の四角形に感じますし、
右の方が安定して感じる→正方形かも?って思うんですね。
間違ってしまった人の方が、もしかしたら素直で普通の感覚の持ち主なのかもしれません ^_^
 
 
そんな、視覚における錯覚の「錯視」を使ってデザインされている最も身近なモノに「数字」があります。
 
38
 
左の方は「上下を同じバランスで組んだ」38
 
右の方は「安定するする様に上下バランスを整えてある」38
です。
 
どうですか?
左の「上下を同じバランスで組んだ」38は、なんだか上の方が重たく見えて、
え!?これ上下同じ大きさなの!?って感じがしちゃいませんか?
 
左右対称!上下同じ!キッチリ!キッチリ!整えて!が必ずしも1番良いバランス!
ではないって事がわかりますね〜。
もちろん、そうではない、上下左右同じの方がキレイな場合も多々ありますよ。
 
 
場合場合に合わせて、バランスを取ったり、補正をしてあげる。
まるで「気の利いた優しい女房。。。」それがデザイン!なのです。
 
あなたの そんな女房に 私たちは なりたい…。